未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.28 Sun
本日はプチ勉強会してきました!

メンバーはでぃあKUNさんやまさん、hiroさんと僕の4人でこじんまりと。

予約したのが定員26人の会議室だったのでムダに広々していました

でも4時間で4500円と、意外にリーズナブル!



勉強会といいつつも4人全員で顔会わせるのは初めてということで

まずは交流を深めることを目的としました。

なので勉強は財務会計の過去問をいくつか解いた程度でした。

若干ゆるーい企画でもうしわけなかったと反省しております(笑)

個人的には原価計算やら貸倒引当金の理解が深まったのでとても有意義でしたが、

次回は参加者みんなの学力UPに貢献できるようプランします



そのあとはお酒をたしなみつつ懇親会をしました

仕事のこと、2次試験のこと、勉強のことなど色々な話に花が咲きました。

そんな中、診断士になる目的についても話が及びました。



診断士になる目的は十人十色だなぁって改めて実感しました。

文字通り中小企業診断をやりたいって人は多いと思うし、

コンサルティング会社に入って大企業にコンサルしたい人も多いと思います。

セミナーで講演したり本を書いたりしたい人もいるだろうし、

自己啓発目的の人やただ会社から言われて仕方なく、なんて人もいるだろうと思います。

それとは別な、想像もつかないような目的の人だっています。



じゃあ自分の目的は何だろう?っていうのが最近のテーマだったりします。

診断士の資格を取れたとして、一体何がしたいのか?

それが自分を突き動かすエネルギーなので、

目的が魅力的じゃないといつかガス欠を起こしてしまう。



もちろん中小企業診断士取ると決めてTACにも通っている以上、

目的ナシのノープランでやっていなる訳じゃないですよ!

そこそこ、自分なりに考えているつもりです。

でもビジョンは明確ではないことは確か。

とりあえず今は考えを整理して、また年明けにでもここで書きたいと思います。



今日勉強会に参加して頂いたみなさま、どうもありがとうございました!

これからも継続してお付き合いしていければなぁーと考えております

一人で黙々と勉強ことは絶対に必要ですが、人数が集まってこそできることもあると思うので、

そんなときは勉強会をうまく活用していきましょーね!

2008.12.23 Tue
どーも!2週間ちょいぶりの更新になってしまいました

ブログへモチベーションが下がっただとか、

実は診断士の勉強やめましただとか、そんなことはありません。

この不況の中、いいのか悪いのか仕事がガッツリ来てしまって

ブログを見たり書いたりする時間も、ましてや勉強時間すらもあまり取れていません。。。



でも自分が勉強していなくても当然みんなの勉強は進んでいる訳で、

ひさびさにみんなのブログ覗いてみて、ちょっと情けなさやらむなしさやらを感じています。

今の自分の立場で勉強時間が少ないってのは不合格にしかつながらないって!!!



さてさて、だいぶ遅れてしまいましたが、いちおう財務会計2回目の答練の結果報告します。

なんと!

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・


50点!



リベンジを誓った1回目と比べると5点アップ!

でもアップだからどうした?ってことです。

今回も完全なる敗北でした。

もう弁解の余地はありません。

恥ずかしい結果ですが、真摯に受け止めて今後に活かしていきます。



それにしても不甲斐ない!

いろんなブロガーさんの結果を見ると情けなさもひとしお。

なんとかこのブログ見てくれている人のライバルという立場にいたいと思っていますが

これじゃーとてもライバルと言える状態ではない。

勉強法やら何やらエラソーなことを言っても

「所詮50点のくせに。フフン。」って鼻で笑われて終わってしまう。



もちろんこの状態を放っておく訳ありません!

どっかの模試とかでみんなに「ギャフン!(XωX)」って言わせてやる!

年末年始、財務会計復活プランを練ってがんばります。



さて、そんな話題はここまでにして

今日TAC@名古屋で「やま 目指せ!中小企業診断士への道」のやまさんとお会いしてきました。

勝手に男性かと思い込んでいたら実は女性だったというドッキリもありましたが、

とてもきさくな方でいろいろとお話聞かせてもらいました。

どうもありがとうございました!

(なんと会社がご近所さんで会社同士の付き合いもあるという、この世間の狭さ。。。)



ブログはやっぱり新たな出会いのきっかけを作ってくれます。

そして週末は超プチ勉強会@鶴舞で新たな出会い。

僕はかなりの人見知りなので、こうやっていろんな人と出会うなんて昔では考えられませんでした。

こんなところでも成長したなぁーって思うし、診断士チャレンジしてよかったって思います

これからの新しい出会いにも期待しているし、すごく楽しみです。

診断士チャレンジしている方、いつでも連絡くださいね(笑)



こういう嬉しいこともあるけど、勉強とか他にもいろいろと、全体的には複雑な気分だったり。

診断士を目指してどうするのか?何がしたいのか?なんてことまでふと考えたり。

果たしてそこに熱いハートはあるのだろうか??

2008.11.27 Thu
先週土曜日は組合の連絡会に行ってきました。

西日本エリアの集まりなので、名古屋から新幹線ではるばる大阪まで

内容は組合なのでボーナスやら何やらの話でした。

私は末端組合員なんで話に参加するでもなく、なるほどねーと思いながら話を聞いておりました。



で、そんな話し合いはそこそこに、

組合の集会では外部から人を呼んでちょっとした研修をやったりすることがあります。

今回も外部から講師を招いて2時間ほどの研修がありました。

研修内容は「SATリスニングスキル」というものでした。

端的に言うとカウンセリングする際のヒヤリングスキルですね。

誰かが相談してきたとき、いかに話を聞くか。ということでした。



カウンセリングといえば話を聞く事が大事なんて当然ですよね。

話を聞くくらい簡単じゃん!って思うかもしれませんが、

今回の研修でいかに自分が話を聞けていないかがわかりました



例えば友人から

「もう仕事忙しすぎてツラくてさー。毎日仕事してるか寝てるかのどっちかだよ。

しかも上司に叱られてばっか。何の為にがんばってるのやら。もうやめちゃいたいんだよね。」

なんて相談されたとき、あなたならどうしますか?



よくあるケースだと以下のような感じだそうです。

「忙しいのはわかるけど、もっと時間短縮できるところあるんじゃない?たとえば・・・」
ついついアドバイスしたくなるタイプ

「わかるわかる!俺も全く同じ!忙しくてダメ。もうこんな会社やめてやる!って思うよね」
自分と同じだからといって賛同しちゃうタイプ

「俺も1年前はそう思ってたんだよー。そんなとき俺はどうしたかというと・・・」
自分の経験を語りだすタイプ

「そっかー。忙しくてツラいからやめたいのね。」
友人が話した相談を自分なりにまとめるタイプ

「なになに?上司に叱られるの?俺もなんだよ!お前はどんな感じなの?」
自分が興味があるところにだけツッコむタイプ

「それくらいで仕事やめるなんて考えはおかしいって!それくらいみんなだって!だから・・・」
自分と価値観が違うと説教しちゃうタイプ



こんなケースをブロッキングっていうらしいです。

相手の話をブロックしちゃう出来事たち。

これは完全に相手の話を聞いてないですよね。

カウンセリングする際は、このようなブロッキングを意識的になくす必要があるそうです。

ちなみに一般的に1人につき20~30のブロッキングを持っているらしいですよ。

私はわりとアドバイスしたくなるタイプです(笑)



じゃあ相談相手がひたすら話しているのを黙って聞いてりゃいいかというと

もちろんそうではありません。

ポイントは相手に「共感」する、ということでした。

「わかるわかる。俺もやめたいんだよ。」っていうのは「同感」なので違います。

相手の話に対して自分の意見を伝えているので、聞く姿勢になりきれていません。



「共感」とは例えば次のようなことを言ってあげることだそうです。

「仕事忙しくて、毎日会社いるか寝ているかのどちらかだというくらい働いていてつらいんだね。

それなのに上司に叱られて、何の為に頑張っているか解らなくなって

会社やめたいって思うんだね」



このように相手が言った事をありのままに受け止めること

ここには自分の気持ちや考えが入らず、相手の気持ちを理解しようとしています。

これが「相手の話を聞く」ということなのだそうです。



そして話を受け止めた上で、「他に言いたい事はない?」と促します。

共感される事で相談者は安心し、本音を打ち明け始めます。

「実は忙しいなりに仕事は楽しいんだけど、上司とどうしてもソリがあわなくて・・・」



まぁ研修なんでこんなストーリーでしたが、

話を聞くフリしていかに自分が話を聞けていなかったを実感した研修でした。



ちなみに相手が言った事を鏡のように繰り返す事をミラーリングと言いますが、

コレを実践でやるのは意外と難しいですよ!

絶対話をはしょっちゃいます。

「あー、仕事忙しくてツラいんだね」なんて言っちゃいます。

これじゃ相談者失格。話わかってくれてないんだなーって思われちゃいます。



もちろん今回の研修のカウンセリングの時の話なので、通常会話とは別ですよ。

「うんうん。相棒の水谷豊がかっこいいんだね。」

なんて共感してもしょーがないです。



でも普段めちゃくちゃブロッキングしてるなーって人は

ちょっと気にしてみても良いと思います

コミュニケーションって社会に出てからますます難しさを感じますが、

若いうちからこういう所も土台を築いていって、少しずつでも成長していきたいもんです

2008.11.08 Sat
答練の復習して、勉強足りなかった組織論・マーケティングを確認して、答練の自宅問題を解く!

っていうのを日曜までにやろうと思っていました。

それは連休明けの火曜日のことでした。



火曜から金曜まで、通勤時間とお昼休み合わせて1日30~40分程度、

TACでもらった○×だらけの問題集を解くくらいの勉強しかできていません

日曜までにできるか??

日曜日には財務会計の講義が始まってしまうので、企業経営理論は一段落させてしまいたい。



でも勉強しようとすると他のことをしたくなる衝動にかられることってありませんか?


いま部屋がめっちゃキタナイんで、勉強しようとするときっと掃除を始めます。

掃除が終わったらすぐに勉強すればいいのに

きっとギターなんか取り出しちゃって、昔コピーしてたくるりの曲なんか弾きだします。

ギター弾き終わったら、ひさびさにWii Fitなんか取り出してヨガでもしちゃいますかね。



さすがにWii Fitまではやらないと思いますが、これに近いことはよくあります。

意思が弱いんですよねー。っていうか誘惑に弱い

決して勉強がつまらないわけじゃないんですが、どういうことなんでしょうね?



何でも「習慣化」が大事だと、最近赴任してきた私の上司が言っていました

例えばお仕事で週報を書いている方もいると思いますが、

全然週報を更新しない人っていませんか?

「週報更新しているヒマなんてないんだってば!」っていうのが口実のときもあると思います。

確かにその人は忙しいのかもしれません。

でもこれは結局、「週報を更新する時間がないわけではない!」ってことだそうです。

のんびり昼飯食べていながら「週報書く時間ありませーん」とかシバくぞ!って話です。



じゃあなんでできないのかっていうと週報を書くことが「習慣化」されていないから。

週報なんて30分もかからないで書けるんだから、

書くことを「習慣」にすれば作業としてはなんてことないはずですよね。



日々やるべきことは「習慣」にしてしまわなければいけません。

とにかく習慣にするために、始めは意識的に行動することことが大事かと思います



てなわけで「勉強を始めようとすると、つい他のことをやりたくなる習慣」なくし、

まずは確実に勉強を始める習慣を身につけたいものです。



習慣というのは「良い習慣」と「悪い習慣」しかない
、と最近メルマガで読みました。

勉強するのが「良い習慣」だとしたら、

他には勉強しないという「悪い習慣」になってしまうとのことです。

「普通の習慣」なんてものはないんですって。



勉強をたくさんするという「良い習慣」をしている人は、どんどん学力が上がります。

勉強以外のことをしたくなる「悪い習慣」をしている人は、学力がのびません。

この両者の差は日を重ねるごとに大きくなって、気がついたら取り返しのつかない物になります。



って考えるとそれはまずい!差が広がる一方になってしまう。

悪い習慣を良い習慣に変えるなら今のうち!

なーんてことを自分に言い聞かせつつ、明日は企業経営理論まとめがんばります

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記
日常    Comment(6)  TrackBack(0)   Top↑
2008.11.01 Sat
本日の日経平均の終値は8576円

もう言うまでもなく、最近の株価はすさまじいものがありますよねー。



前に「お金は銀行に預けるな」という勝間和代さんの著書を読んでから、

ちょっと資産運用という物に興味がわいてきました。

お金を銀行に預けているだけでは損をしてしまう。

そのお金の一部を資産運用すればトータルでお金が増える可能性が高いから

リスクテイクしましょうっていう趣旨だったと思います。

(だいぶ昔に読んだので、もし間違えていたらご指摘お願いします!)



その本によると結果的には、初心者には投資信託がお勧めで、

まずはインデックスファンドの国内/海外の株式/債権の4種類

25%ずつ分散すればよいとのことでした。



ところで私の会社は確定拠出年金(いわゆる401K)を採用しています。

ということは自分で年金を資産運用しているということになります。



入社当初は資産運用なんて金持ちのおじさんがやるというイメージだったので、

全然予備知識はありませんでした。

なんとなくチャレンジ精神出してみたかった当時の自分は

国内株式;6割 海外株式:3割 国内債券:1割

というわけわからん比率で運用開始したようです。



それでも始めは利益が出ていました。

ただ、サブプライムローンという言葉が飛び交ってる頃には

プラスだったものがあっという間に元本割れしました



その頃勝間さんの本を読んだ私は

すぐさま投資比率を例のごとく均等分散に変更しました。

それはそれでよかったと思いますが、

リーマンショックを過ぎた今日、

「俺ちょっと元本割れしちゃってさー(笑)」では済まされないマイナスっぷりです。

カッコワライじゃねーよ!って状況です。



そこで結局資産運用に関してたいして知識がないことに危機感を覚え、

amazonでベストセラーだったこの本を読みました

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践



この本では勝間さんの方法とは別の方法が書かれています。

もう世界と日本は繋がっているから、世界と日本の株式だけではリスク分散にはならない。

将来日本の円の価値が急速に下がることを考えてドル、ユーロなどの外貨貯金もするべきだ。

一部を要約するとこんな感じでした。



はじめは表紙もそれっぽいし玄人向けかな?なんて思っていましたが、

初心者にもわかりやすくデータも豊富で説得力のある本でした。



さっき「将来日本の円の価値が急速に下がる」と書きましたが、

本の中ではちゃんと予測の根拠が説明されています。

それは少子化による労働者人口の低下とそれに伴うGDPの低下

東京、東海などを巨大地震が襲った場合の経済への打撃が主な理由でした。



もしこの予測が実現したらドルやユーロを持っているだけで

プチお金持ちになれる可能性があります。

実際外貨預金するかどうかは別にして、

いずれにしても知っていないと損をする可能性が高い知識だと思います。



何はともあれ、本などでこういう情報も集めていかないとダメですね。

経営、経済、財務、キャリア、交渉力、マナー、心理学、法律、それに投資。

勉強しなきゃいけないことが多すぎる!

でも私は「広く浅く」が割と好きなので、いろんなことにちょっとずつ手を出したいです。

なんてこと言って診断士の勉強も「浅く」ならないように気をつけます



そういえば私の401Kですが、結局この本を読んだ後も手を出していません。

っていうか手が出せません。

ヘビに睨まれたカエルというか、もう身動きが取れません。

このまま株価が上昇することを祈ります。。。

景気がよくなりますよーに



この記事が参考になった、またこんな記事読んでみたいと思った方は、もしよろしければ拍手を下さい!
貴重なあなたからのフィードバック、今後の参考にさせて頂きます。
テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
日常    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。