未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.01 Mon
突然ですがカンブリア宮殿見てますか?

私はこの番組大好きで、毎週録画して欠かさず見ちゃってます

先週のカンブリア宮殿のゲストは品川女子学院校長の漆 紫穂子さんでした



品川女子学院はちょっと変わってます。普通の学校と違います。

その中で最も印象的だったのは「28プロジェクト」です。

参考URL:http://shinagawajoshigakuin.jp/01guide/28.html



簡単に言うと、「28歳を目標に人生計画を立てる」ということです。

28歳になったら何をしているのか?研究者か弁護士か経営コンサルタントか?

高校生の彼女らが将来を見据えて、人生をプランします。



品川女子学院は名前の通り女子高なのですが、

特に女性で28歳という年齢は仕事や結婚でターニングポイントとなるため

28歳までを1つの目安として人生計画を立てるそうです。



そんな話のときにメインコメンテーターの村上龍がこんな話をしていました。

「友人の雇用の専門家や転職を繰り返している金融マンが口を揃えて言う。

28歳までに自分が何で生きていくのかを決定して、35歳までにキャリアを積むこと。

これができた人とできない人では大きな差がつく



また、私が今まで読んだそこそこの数のビジネス本の中で3本の指に入るくらい影響を受けた本が、

この「28歳までに他社からスカウトされる人脈術」です。

28歳までに他社からスカウトされる人脈術



テーマはタイトルの通り「人脈」です

著者の坂田篤史さんは大手機械メーカーに勤めながら多くの人と人脈を築いています。

フツーのサラリーマンなのに、です。

そして3年間メーカーに勤めた後、コンサルティング会社に転職を果たしています。



そんな坂田さんがタイトルに「28歳」を掲げている理由は

まず社会人として働きだして3年後の25歳で最初のターニングポイント

そしてさらに3年後の28歳で2回目のターニングポイントを迎えるためだとしています。



25歳までの転職はポテンシャル重視です。

3年間で3割の社員は会社を辞めるこの時代に、彼らは第2新卒として転職します。

28歳くらいになると実力や能力、キャリアが重視されます。

この時点で30歳以降のキャリアがほぼ決まってくるそうです。



そしてこのとき転職する際に「自力で転職をする人」と「スカウトされる人」に分かれるとのこと。

この本によるとスカウトって25歳くらいから候補に挙がるそうです。

さすがにこれにはびっくりしました。まさか25歳とは。予想GUYです(古)

・・・失礼しました。思いついたがために書いてしまいました。。。

ちなみに私にはスカウトの影すら見えません



スカウトの候補に挙がるには実力・実績が伴っているのはもちろんですが、

それに加えて「存在を知られていること」が重要です。

当たり前ですよね。どんだけ有能でも知らなきゃスカウトしようがないです。

そこで、「どのようにして存在を知らせるか?」ということをはじめとした

人脈を作るコツがこの本には書かれています。



もちろん人脈構築の方法論についても

フツーのサラリーマンの自分でもできることばかりでとても参考になりますが、

何より自分の年齢や人脈に対する意識が大きく変わりました

「人脈なんて30歳も過ぎれば、気づいたらそこそこ築けているもんだ。

自分はまだ25歳だから人脈なんてなくて当たり前だろう

ってことが大きな間違いだということに気付かされました




このブログのタイトルに「25歳」と入っているのは、実はこの本の影響です。

若干パクりました(笑)

そして、中小企業診断士の資格取得を目指すキッカケの1つでもあります。

自分のキャリアの方向性を入社3年経った今、もう一度考え、

28歳までにどのようなキャリアを歩むか決めるために勉強しています。



そして拙い文章ながらもブログを書いているのも

自分の存在を今まで接する機会のなかった方々に知らせるためだったり、

これをキッカケに色々な方と交流を持つためだったりします。



書きたい事がいっぱいでまたまた文章が長くなってしまいました

この本は30歳手前くらいの方、特に同年代の方には心よりオススメします!

もちろん診断士にチャレンジしている方はそもそも意識の高い方が多いので

これくらいのこと当然に思う方もいらっしゃるかもしれませんが

1日で読み終わるくらいの分量なので、勉強の息抜きにでもいかがでしょうか?

tuyukusa
普段人脈というものを意識する機会は少ないです。

でも、これから3年間を方向付ける25歳というターニングポイント。

どのようにして存在を知らせるか。

興味ある、というより興味を持つべきだと思ったので本屋に行った際にはチェックしてみますね!

自己啓発やビジネス書はあまり読まないのでいい本があれば教えてくださいね^^
2008.12.02 Tue 21:19 URL [ Edit ]
isamu
>tuyukusaさん
確かに人脈って僕も昔はあまり意識しなかったですねー。
というより「人脈」って自分が何かをしたいがために他の人を利用する、みたいな感じがして好きじゃなかったんですよ。
もちろんそんなことないってことは、この本を読んで学びました。

記事にも書いた通りこの本は人脈がテーマなんですけど、最も影響を受けた事は「どんな環境だろうと自分の行動次第で何でもできる」っていうのがわかったことです!

例えば独立すること、雑誌の取材を受けること、セミナーで講演すること、本を書いたりすることとかって、自分とは全く関係ないと思ってました。スゴイ人とかエライ人がやるんだろうなーみたいな。
仮にやりたくてもできるわけない!って諦めちゃうようなことですが、これだってやる気になって行動を起こせば誰にでも実現する可能性があるってことです。

どうしても自分の中で限界を設定してしまいがちですが、その限界がかなり上にあがったと思います。
これが本当に大事だな、と。
もちろん実際にできるかどうかは別の話ですが(笑)

また長々とコメントしちゃいました。。。
本をいくつか買うとハズレな本もそこそこありますが、読んだらためになる本もまだまだあるので折りをみてまた紹介しますね!
2008.12.03 Wed 00:29 URL [ Edit ]
でぃあKUN
うーん、考えさせられますね。
私は既に34になってしまいましたが、自分のやりたいことは30過ぎになって初めて認識したと思います。遅すぎですけど・・・
それまでは学校行って会社に入社してがむしゃら?でも無いですが、会社のポジションもらって今に至ります。ですが、与えられるだけで、エェんかい・・?と言う疑問を持ち、自分の進みたい道を考えていたら、この資格に辿り着いたって訳です。
28で自分の思う自分に辿り着く事は中々簡単なことではありませんが、その自分に対して目標を立てて実行してきた人は、やはり理想とする自分に近づいているのだと思いますね。
しっかりとした自分の人生のビジョンを持って行動する。
それを実際に行えるisamuさんやtuyukusaさんは私からすると本当に尊敬します。
私の25と言えば・・・うーむ・・・
ロクな事をしてなかった気がするぞぅ・・・
まずは、この試験を通じて色々な経験をして、自分のスキルを高め、合格することが出来たなら私なりの自分に近づける事と思います。
まずは試験合格、頑張りましょう!
2008.12.03 Wed 00:51 URL [ Edit ]
isamu
>でぃあKUNさん
コメントありがとうございます!

もうビジョンくらいあるぜ!って言えればカッコいいかもしれませんが、僕の場合、実際はほとんど見えてないですよー。
見えてないけど現状にやや疑問を持っていることは自分で理解しているので、見えてないなりに活動して今に至る感じです。

ちなみにキャリアに関する本もいくつか読んだりしてるんですけど、ターニングポイントを迎えるまでは今のキャリアをひたすら突き進め!みたいな話もありました。
25歳でキャリアがどーのこーの言っているのは一般的にはちょっと早いそうです。余計な事考えずに社会人としての土台を築き上げろ!だそうです。
今経験している事は、後に一見関係ない仕事に変わったとしても、今後必ず生きるものだとのことでした。
考えるタイミングになったら、そのときに考えるべし!

キャリアについてもまた記事に書こうと思っていた内容なので折りをみて書きますね。

とはいえもはや目の前に試験が迫ってきているので、まずはそれに合格して新しい世界に共にダイブしましょう!
2008.12.03 Wed 01:24 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://slowstarter1983.blog44.fc2.com/tb.php/29-79c6beeb
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。