未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.26 Mon
こんばんは!isamuです。

ついに診断士2次試験終了しましたー!

1次試験ではなかった開放感が、今回は感じられました。

同じく2次を受験された皆様、お疲れ様でした。



さて、感想としてはどうだったかというと、うーん・・・どうなんでしょう?(笑)

まぁできたとは到底言えませんが、一応書くことはできたって感じでしょうか。

きっとほとんどの方が同じような感想なのかなーなんて思っています。



特に緊張しすぎることもなく、昨晩もゆっくりと寝ることが出来ました。

朝は7時に起きて体調もバッチリ!

準備をして9時過ぎには会場の中京大学へ到着しました。

途中で受験予備校が何か配っていたのですが、なぜか僕には渡してくれませんでした(笑)



そして会場に到着すると、2次試験の場所は1次試験より奥にある校舎でした。

1次試験ではそりゃもうたくさんの人がいましたが、2次試験では人影もまばら。

試験会場も5部屋しかなく、なんだかさびしいもんだなぁと思いました。

ちなみに今回の会場は建物古いしトイレが少ない!ってことで

1次試験の方が環境的にはよかったように感じます。



で、部屋の前まで着いて受験票を眺めたときにふと気付いたことがありました。

「そーいや電卓をカバンに入れた記憶がないなぁ・・・」

そう、なぜか試験会場に愛用の電卓を忘れてしまう始末

バカだなぁと思いつつ近くのサンクスへ小走りで向かい、電卓を購入。

ボタンちっちゃいけど、そのほうが打ち間違えないようにするからいいよねーなんて思いつつ

電卓を開封してマニュアルを通読。

そして試験は始まりました。



さて、以下に本日の問題の感想をちょこっとだけ。

■事例Ⅰ
   → 和菓子屋さんが洋菓子屋さんを買収するお話
 ○比較的根拠がある問題が多かった気がする
 ○あまり意識しすぎずとも組織・人事的な回答になりやすかった
 ○消しゴムをいっぱい使った。根拠が多くて迷った?文章の構成に気を使いすぎた?
 ○問2が難、問5は謎。個人的にはインターネット活用。
 ○全部埋めたけど、回答整理できず。時間が足りない・・・

■事例Ⅱ
   → スポーツ用品店がターゲットを絞りつつ新規サービス事業を進めるお話
 ○問1からつまづく。差別戦略っていつの話?過去?これから?
 ○ターゲットの絞込み、新規事業など、大崩れの予感を感じさせる問題の山
 ○顧客との関係性強化って書きまくったことが吉と出るか凶と出るか
 ○問1&問3-2&問4が難。むしろ全体的に難。
 ○時間がなさすぎ。80分足りなすぎ。。。

■事例Ⅲ
   → 家具製造業者が過剰在庫&在庫不足で困っているお話
 ○とりあえず書けた、がその感想が当てにならないのはTAC模試で実証済み・・・
 ○営業・生産部門の連携強化で都度需要予測を反映させるという回答はどの問題で使う?
 ○根拠がわりと多くて、何をどこにどう書くか、迷った
 ○時間がはじめて余った

■事例Ⅳ
   → スポーツウエアの会社のお話でROEとかCVPとかオプション関連の問題。
 ○経営指標の聞かれ方が違った。財務上の長所と短所、それが生じた原因を答える。
 ○問2が特に難、問3-2の営業レバレッジってなんだっけ・・・?
 ○計算間違っていたら悲しいので答えあわせがコワイ。。。
 ○時間足りないというほどではなかった。



ということで(?)、事例Ⅱと事例Ⅳがポイントかなと思ってます。

自信ないし再現答案作って答えあわせするのはすごく気が引けるなー、

こうなったらもう発表日まで封印しておきたいなー、

というのが本音ですが、そうも言ってられないので頑張って作ります



ちなみにコンビニ電卓はちっちゃなボディですが、しっかりと働いてくれました!

せっかくなので昨日まで働いてくれたやつと本日がんばってくれたやつを並べて記念写真

本日はお疲れ様でしたー!

   dentaku

   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
スポンサーサイト
2009.10.24 Sat
ご無沙汰しています!

isamuです。

結局ずっと更新できていませんでした。。。

プライベートやら勉強やらで更新する余裕がなかったです



さて、いよいよ明日が診断士2次試験当日となりました。

1年ちょっと勉強してきた集大成!

とりあえず明日でひと区切り。

幸いインフルエンザにもかからずに、無事試験を迎えることが出来そうです。



全然自信があるわけじゃないけど、なんとかなるといいなーなんて思ってます。

この試験、あと1年間勉強しても「合格に自信があります!」なんて言える気がしません。

ここまできたら神頼み、って言っちゃうのもなんなので

与件文に忠実に、設問に忠実に、因果関係を明確に、社長の意向を大切に

という心構えでがんばってきます。

ついでに、難しい問題はみんな難しいと思ってる、ってことも。



同じく明日試験を迎える皆様、

今までの準備の成果が少しでも多く引き出せるように

応援してくれた方々に合格を報告できるように

精一杯がんばっていきましょー!

2009.10.02 Fri
早くもシルバーウィークも過ぎ、9月が終わり、10月がやってまいりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ブログの更新がまたまた滞ってましてゴメンナサイ

どうしても忙しくなるとブログって2の次になりがちです。



さて、長い記事になっちゃうとなかなか更新できないので

本日は手短にTAC2次公開模試の結果報告をしておきます。


tac2次もし



決して手ごたえがあったとは思えないのですが、蓋を開けると悪くはなかったです。

とはいえ、ちゃんと採点したわけではないものの、

解答見て一番まともっぽいと思った事例Ⅲがまさかの大失敗

比較的得意な事例だと思っていたのにー!

まぁ全体的に手ごたえがなんとも言えない状況の中で、

単に事例Ⅰ、事例Ⅱが思ったより点数をもらえていたという感じですが・・・



今回の結果を見ても、なんだか微妙な気持ちでいっぱいです。

TAC直前演習だと事例Ⅰは演習1:12点、演習5:5点という結果だったり、

事例Ⅲは演習3:57点だったりと、点数はなんとも安定しません。

運がよければ合格できる望みがあるだけマシかもしれませんが、

ちょっとゴールが見えず迷走している気がしないこともないです。



だいたい大崩れしたときは「問題要求の解釈ミス→根拠の設問の結び付けを間違う

という黄金パターンができつつある気がしてきます。

つまり1番の問題点は「問題要求の解釈」と考えられますが、

問題要求の解釈ってTACの先生方が言ってるほどにできるのでしょうか?

解釈しようとした結果、変な先入観が生まれるというリスクだってあるはずだし。

ということを既に自分で実際にやってしまっているわけですが(笑)



なんてことをグチグチ言いながらも今更方法を変える気なんて一切ないんですけどね。

変えるといったらマーカーの使い方ぐらいでしょうか。

とにかくジタバタしても仕方ないので、順番に間違いパターンを潰しこんでいきたいと思います。

これでやっと模試も本気で復習が出来るし♪



そういえばTACのDVD講義を受けてたときのレジュメの左上に書かれた一言が印象的でした。

今年の合格 見えていますか?

ハッキリとは見えないかもしれないけど、ぼんやりとでも見えるように、

あと1ヶ月弱がんばりたいと思います


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
     ↑気がつけば秋の気配。続く診断士試験。ゴールに近づくために、ブログ村へどうぞ。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。