未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.31 Mon
2次試験は自分で採点するのが難しい!

ということで講義の事例直前演習の解答が返却されたため、ここで振り返りをします。



まずは第一回の事例Ⅰについて、わざわざブログで振り返っちゃおうという試みです。

TAC生じゃない方にもできる限りわかるように書くつもりですが、

少々わかりづらい部分があるかもしれないことをご了承くださいませ。



まず、点数は12点でした。

さらっと言ったけど落第点ですねー、こりゃ。

設問ごとにポイントを振り返って、最後に全体を振り返ります。



■第1問(配点15点)

問題文で尋ねられていた「どのような競争原理が働いていると考えられるか」という一文。

もちろん競争原理をベースに解答しなければいけなかったのですが、

競争原理と聞いて何1つ単語が思い浮かびませんでした。

ちなみにここでは規模の経済が競争原理でした。

解答は原理を無視し、蛍光ペンでマークしてあった競争の内容だけ書いて部分点4点確保しました。



■第2問(配点20点)

「A社の強みの要因」を答える問題でした。

しかしここでは強みをズバッと捉え間違えてしまいました

正解は与件文から直接抜き出すパターンではなく、

「中小企業はお金がない」→「A社の顧客の大半が多岐の業種に渡る中小企業」

という文章から「顧客ニーズに柔軟かつ低コストで対応できる」という結論を

自分で考えて導き出す必要がありました


このパターン、僕は完全に弱いです。抜き出すの大好きなので。

でも「強みを持った結果どうなったか?」ということを解答にちょこっと入れてあったので

振り返ると部分点3点だけゲットしていました。



■第3問(配点15点)

「営業体制の強化についてのアドバイス」を解答させる問題でした。

本来は様々な顧客ニーズに対応すべく、顧客層別の編成にするのが正解でしたが

僕の解答は全く逆で、製品別に細分化して専門性を高めるというものでした。

よーく考えれば僕の解答はおかしなことを言っているのはわかります。

これはとある与件文の一文でマイナスの印象を受けてしまったことが原因でした。

それは、「A社の営業部門は~などの大まかな機能・用途別に編成されている」というもの。

「大まか」って言われたら大まかじゃなくてしっかりしたくなる、そんな気持ちです。

そんなこともあり、機能・用途別から脱却するんだって思考にならなかったです。

だけどいっぱい埋めた努力が認められたのか、なぜか部分点を2点ほど頂くことができました。




■第4問 設問1(配点20点)

「現在の開発体制を維持した場合の懸念」について解答させる問題でした。

この設問は内容うんぬんではなく、僕自身の根本的な考え方にミスがありました。

一言で言うと「抜き出しすぎ」です。

要素としては2つあって、1つは本文そのまま抜き出しすぎて文字数足りない状態で、

もう1つは与件文に忠実すぎてそれ以上の考えを広げない、国語のテスト状態です。

後者が原因で大事なところを書き出せず、そのために部分点も稼げず0点解答を書いちゃいました。



■第4問 設問2(配点15点)

「今後の開発体制についてアドバイスせよ」という問題でした。

これは事例Ⅰの苦手ポイントなのですが、A社の組織体系が与件文から掴めないことが多いです。

ここでは「技術・開発担当役員」とありましたが、この人は1人なのか?

その下の組織はどうなっているのか?

製品別に担当者はいるのか?

この辺が上手く整理できずにわけわからん解答を書いて2度目の0点。

現状が把握できていないようじゃアドバイスなんて的外れも当然。

地味に課題です。



■第5問 (配点15点)

「アウトソーシング業務受託を検討するにあたっての着目点を答えよ」という問題でした。

これはちょっと書けたつもりだったのに点数は3点のみでした。

フタを開ければそれもそのはず、4つの着目点を解答する必要があったのに

僕は文字数制限いっぱいに1つの着目点しか書いていませんでした。


ここはアウトソーシングの検討事項を頭に浮かべつつ、複数列挙作戦で対応すべきでした。




・・・と、ここまでで一通りの問題を長々と振り返ってみました。

とにかくストレートに解答できたとこって1問もなかったです。

部分点をひたすら積み重ねることによる12点となりました。

今回は過去問もできずに5月ぶりの2次の問題で雰囲気つかめていなかったというのが

一番大きなところですが、そうでなくてもやはり難しかったと思います。



ただ、ここで一番の問題点である「抜き出しすぎ」に気付くことができたので

同日に行った事例Ⅱはもう少しまともな点数に仕上がっていました。

抜き出すだけで答えできたら、もはや診断士の試験じゃないですよね(笑)

根本的な大間違いを犯していました。

事例Ⅱについてはまた後日書くことにしまーす



それにしても自分がただ振り返りたいがためにブログ書いてしまった(笑)

これも僕の怠け癖対策ということで、大目に見て頂ければ幸いです



   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
     ↑ 2次試験の攻略は診断士ブログ村で!
スポンサーサイト
2009.08.30 Sun
こんばんは!

にわかにお仕事やプライベートが賑わってきて、早速更新が滞っています

とはいえ、何回か書こうと試みたものの、何書いたらいいのかよくわからなかったことも事実。

2次試験のことって何を伝えればいいのか、なかなか難しいですね。。。



さてさて、TAC2次公開模試を1週間後に控えておりますが、

2次の学習をしている皆様は順調な仕上がりを見せているのでしょうか?

僕は、というとなんとなく解き方や考え方の形は見えてきている気がするので、

あとはもう少しの整理とたくさんの実践が必要というところです。



解き方とか、もうちょい悩んだほうがいいのでは?って感じもしますが、

問題の解き方、考え方についてはTACの流儀にひたすら倣っているだけなので

とりあえずそれで突き進むのみかなーなんて思っています

とにかく1つに決めて実践あるのみ!にしています。



そのため、ここで2次試験の考えとか書くと単なるTACの受け売りになりそうだったということも

ちょいと更新が滞った1つの理由でもあったりします。

とはいえ、そんなこと言っていたらプライベートネタしか更新できなくなってしまうので

その中でも自分で咀嚼してきたものをこれからチョロチョロ書き綴っていきたいと思います。



突然ですが皆様は蛍光ペン、使っていますか?

超、初歩的なことかもしれませんが、蛍光ペンは大事だ!ってことに最近気付かされました。



思えば5月の2次実力チェック模試が出会いでした。

ペン1本、消しゴム1個、電卓1つで試験スタートした僕を待ち構えていたのは、

カラフルな5本のマーカーをシャッシャと使いこなす方や

試験開始するやいなやビリビリと答案を分解しちゃう方の存在でした。

何も知らない僕は「え、そんなんありですか?」と確実に戸惑いを覚えました。

その日は2次試験の取組み方の多様性と得体の知れなさにふれた1日となりました。



あのときは「マーカー5本も使ったらわけわかんないよー」と内心思っていましたが、

いざ今になって自分で使ってみると、マーカーの大事さに驚かされましたし、

5本は使わなくても、3、4本くらい使います。

というわけで、マーカーいいですよ。

使ってない方がいらっしゃったらオススメです



・・・と、これで終わったら何1つ説得力がないのでもう少しだけ書かせてください。

もちろん大事なのはマーカーを使う目的ですよね。

僕が1番お気に入りなのが、

与件文の会社を変化させたいという(出題者の)気持ちが表れている文章をマークすることです。

具体的には内部外部問わず、問題点・課題・ビジョンなどです。

そんな雰囲気の文章が出てきたらピンクのマーカーでグリグリしちゃいます。

これ、後で使うぞ!って想いを込めて。



ちなみに僕は1度目の与件文読みのときに、必要そうな内容は全てマークするよう心掛けています

そのうちの色分けの1つが、上記の変化したい気持ちの部分です。

コレやっておくと、(今のところ)かなりの部分でマークした箇所と問題文がリンクします。

そりゃ、基本的には問題や課題を解決するためにアドバイスせよ!ってお話なので

それも当然のことなのかもしれない、なんて思ったりもしています。



まだまだ実践不足なので、このマークが自信を持ってオススメ!とは決して言い切れませんし、

マーカーの使い方は人により様々なので、気が向いたら参考にしていただければ幸いです。

そのため、僕はSWOTでのマーキングは今のところしていません。

でも後で変わるかもしれません(笑)



ここまでダラダラと書いたように自分なりのやり方がなんとなくまとまってきても、

いざ問題解いたときに結局その通りに実践できないことが多いですよね。

与件文読んでても「これって問題点かな?」みたいな(笑)

そうやって気付きノートにまた1つ、項目が追加されていく・・・。



あー、それにしても今回はなんとなくわかりにくい文章を書いた気がする。。。

眠気のせいでしょうか。

2次試験の記述もそうですけど、わかりやすい日本語の書き方って大事ですよね。

消すのもったいなので、とりあえず今日はアップしておきます

ではでは、まずは2次公開模試で目標の点数に近づけられるようにがんばりましょう!


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
     ↑ 診断士勉強中の皆様、独立診断士の皆様のブログはブログ村からもどうぞ。

2009.08.15 Sat
こんばんは!

みなさま、本日はいかがおすごしでしょうか?

僕はというと、今年の夏休みは1次直前学習に全てをつぎ込んでしまったので、

今日だけ有休とって実家の千葉に帰ってきています。

心なしか名古屋より涼しく、夜の風がとても気持ちいいです



さて、今日の午前中はホントひさしぶりに部屋の掃除していました。

僕は忙しいと整理できなくなる傾向があるみたいで、1次のテキストが散乱しっぱなし。

これはよくない!ってことでテキストを科目ごとに並べてゴミ捨てて掃除機かけて

「さーて、実家に2次過去問でも持っていくか!」なんて意気込んでみて本棚に目をやる。



えーと・・・コレは2次集中特訓だから違うし・・・他には・・・うーん、見つからん。

ってことは、もしかしたら2次の過去問ってまだもらっていないのでは??



そんな予想は的中(?)し、2次関連のテキスト全然もらっていないという事実が発覚!

実家帰る途中にTACに寄っていくもお盆休みで窓口閉鎖中。

あのとき「お盆休みなんて全然関係ないや~」って言ってた自分が悔やまれる。。。

新幹線の時間があまりにももったいなかったので、三省堂に寄って本を買うことにしました。



お目当ての本を見つけると、その横に置かれている1冊にも目がとまる

2冊あわせて5000円オーバーか。ちょいと高いな。。。

って一瞬思ったけど、ここでテキスト代をケチるなんてバカらしすぎる!

ということでズバッと2冊ともお買い上げ。


      



まず、2次試験にチャレンジするにあたり最低限下記のようなことを考え、

そして身につける必要があるのかなーなんて思っています。

 ○試験日(10/25)までの勉強スケジュール
    →いつまでに、どれくらい勉強し、何を身につけておく必要があるのか?
 ○各事例を解くためのベースの知識を身につける
    →だいたいどのような事例パターンがあるのか?B/S、P/Lをどのように読むのか?
 ○各事例ごとの解答プロセスを身につける
    →先に設問を読むのか?マーカーは使うか?解答の検討にどれだけ時間を使うか?

この2冊がこれらを満たしてくれると期待しています



ふぞろい」に関しては合格者の勉強スケジュール、勉強方法、解答プロセスが記載されていたので

勉強会みたいなものに所属していない僕としてはありがたい限りでした

ブログでもかなりの情報が集まりますけど、これだけまとまっているとやはり助かりますね。



そしてこの本の一番の強みは

実際に合格した解答例がもりもり記載されていること」だと思うので、

これは自分で解いた答えと比較できるいい材料だと考えています。

2次は予備校の解答1つだけだと、自分の答えとの比較が難しいところがありそうなので。。。

解答プロセスにせよ、実際の解答にせよ、取捨選択で自分にあったものを選ぶようにします。



そして「全知識」ですが、とにかく詰め込みで終わった1次の知識を

「実際に事例の中でどのように使うか?」
ということが事例ごとにキレイにまとまっています。



例えば経営指標なんかも、いつ売上高営業利益率を使うのか?いつ流動比率を使うのか?

なんてことがスッキリわかります。

どの経営指標を使うかなんて考えればだいたいわかることが多いとは思いますが、

実際に本でパターン別にまとまっていると安心します。



また、事例ごとの代表的なSWOTやテクニック、トレンドが記載されているため

だいたい頭に入れておくと本番で対応し易いかもしれません。

ま、「全知識」に関しては、もらいそこねているTACテキストにも

ある程度記載はあるのではないかなーと思いましたがちょっと先走りました(笑)



まとめると「ふぞろい」で勉強方法やスケジュールを知り、

合格者の解答プロセスや解答と自分のを比較して、自分に合う方法を身につける。

そして知識ベースで足りない部分、補足すべき部分を「全知識」で対応する

といった感じになるといいのかなーなんて思っています。

(そんなふうに上手くいってくれればよいのですが



あ、あと最後に502教室、再リンクさせていただきました!

ここを訪れてくださる方が監査役代わり、というわけではないのですが

やっぱり多くの方が見ている方がいろいろ緊張感あっていいかなーと思いまして。

管理人のnetplusさん、どうもありがとうございました!


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
     ↑ 診断士勉強中の皆様、独立診断士の皆様のブログはブログ村からもどうぞ。

2009.08.12 Wed
それは昨日のこと。

「ん?2次ガイダンスって11日だったっけ??」と思い

TAC中小企業診断士講座ブログ
を覗くとやはり名古屋は11日に開催!



それだけ見て内容についてはあんまり調べずに慌ててTACへGO!!

時間割みて「やっぱりやってた!」と確認し、そのまま教室へ。

そして入室するとTACの入会申し込み書を渡されるわ無料受講資料を渡されるわ

周りを見渡してもほとんど知らない人ばかり。。。



この段階でようやく気付く。

「あれ?これってもしかして受講生向けじゃないのでは・・・??」

張り切っていったものの、まさかのアウェー感まんまんでちょっとドキドキ。



恐る恐る係員の方に聞いてみると、

「2次試験についての話なので聞いたほうがよいですよ」とのこと。

じゃあせっかく来たし一応聞いていくか!と決断しました。



で、実際に話を聞いてみたのですが

既に1度講義で2次試験の話を聞いていることもあり、

内容としても特に目新しいことはなく (A先生、ゴメンナサイ

ただなんとなく場違いで、そして恥ずかしい気持ちでポツンと座っていました。。。

(セミナーのお話は、勉強法というより問題の形式や考え方、解き方についてでした)



とまぁ特に成果を得られたわけではないのですが、

これを聞きに行ったのは頭を2次モードにしたかったというのが大きいです。

決して気が抜けている、というわけではないんですけど、

なんだかどうしたらいいかよくわからないっていう感じでしょうか。

なかなか2次の勉強に勢いづかないです。



ちなみにセミナーは超端的に言うと「対策は過去問やれ!」ってお話でしたので、

早速着手していこうかなーと考えています。

とはいいつつ、5月に受けてみた2次実力模試の結果をちょっと踏まえて

まずは事例Ⅳを集中的にやっつけていきたいと思います!

事例Ⅳは何かと手を着けやすいですしね。



あっ、そういえばあの時2次実力模試のWeb解説聞いている余裕がなかったので、

問題を思い出しつつ早めに確認することにしないと。

あのときどうやって問題解いたのか、ちゃんと思い出せたら

またここに書き留めることにしまーす



   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
     ↑ ランキング参加中!ワンクリックして頂けると密かに喜びます。


※話はそれますがTAC中小企業診断士講座ブログでは1次試験の講評が始まっていました。

2009.08.10 Mon
どーも、isamuです。

まずは暑い真夏の長い長い2日間、受験されたみなさまおつかれさまでした!



試験から1夜明け、想いは様々だと思います。

僕はというと、昨日はちょっとヘコんでてなかなか寝付けませんでした。

原因はなんと言っても経営法務。

まず簡易組織再編2問、倒産3問というのに面食らい焦る。

テスト回収された後に「アレもコレも間違えたー!」ってことに気付き、

ついには足きりという言葉が頭をよぎる・・・

他の科目全ての上積みを一瞬で消し去る悪魔。

軽く気が動転。

でも続くはなんといっても情報システムだったので、

気持ちは引きずりながらもSEパワー全開で無事問題が解けたのが救いでした。



各科目別のヒトコト感想は
 ○経済学・・・ちょっとひねりもあるけど、コレは貯金できたはず!
 ○財務会計・・・意外と解けた!問題がやや簡単?60点までは微妙だけど。
 ○企業経営理論・・・TAC模試よりはいけた?でもこの科目はいつも未知数。60くらい?
 ○運営管理・・・ナニコレ?カンタンすぎじゃない??70は硬い!80くらいいってるといいな。
 ○経営法務・・・完全に撃沈。やってないとこですぎ。足きりか・・・
 ○情報システム・・・いつも安心情報システム。でもTACのテキスト外の内容多いなぁ・・・
 ○中小企業経営・政策・・・前半は知らないのばかり。細かい!50~60くらいか?



ということで、トータルで考えると「法務の足きりがなければいけそう!」という感じでした。

でも前半6問全滅だとすると既に-24点。

最後のほうも全然わからず、いけてそうなのは特許周りのみ。

頭をよぎる「できてたはず」のTAC模試でまさかの41点。。。

完全に意気消沈でした。



本日、会社から帰ると一目散にパソコンの電源をつけ、

TACデータリサーチ
で早速採点!

ずっとドキドキ。1科目入力終わるたびに502教室見たりして。

どのブログ見ても、なんだか合格の報告ばかり。

あれー、おかしくねーですか?そんなにカンタンでしたっけ??

結局全部1科目入力終わるごとにブログ村、502、mixiと順々に現実逃避。

でも全部入れ終わったら覚悟を決めたのか、脇目も振らず一思いにポンっ!とクリック。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???





tensuu.jpg



ふぅ~、画面を見て力が抜ける。。。

気になる法務は48点。はじめ6問はやはり全部バツ。

知財周りのとるべきところで取れたのが救いになりました。



それにしても予想なんてあてになりませんでした。

自信満々の運営が67までしか伸びず、経済学も72止まり。

でも財務会計が大健闘の68点。初めてまともな点とれた。。。

そしてTACの模試では大口叩くも振るわなかったSEぶりがここで発揮!

この難問のなか、燦然と輝く情報システム76点は、これまた大健闘。

科目不合格は法務と中小。やっぱり僕、暗記ニガテです。



ここまで来ると次は2次試験!

1次では到底敵わなかったツワモノにも手が届く(かもしれない)2次試験!

今までの経験上、1次より2次のほうが得意な傾向があるのですが、

診断士2次試験は水物っぽいのでひたすらベストを尽くすように努力するのみですね。



一安心した反面、まだ素直に喜びきれないこともあり。。。

うーん、診断士試験って、甘くないのか。


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
     ↑ 気になる他の受験生の皆様の結果は診断士ブログ村でも。
2009.08.07 Fri
いよいよ1次試験前日を迎えました!

試験終わるまで更新する気はなかったのですが、

ちょっと更新したくなったのでこんな時間に更新しちゃいます。



2008年9月8日 深夜1時50分。

診断士の試験を受けようと決意し、TACへの申し込みを済ませた日。

漠然と会社とか経営について勉強してみたかった。

マーケティングって言葉は知っていても、中身なんて何も知らなかった。

運営管理って何を管理するの?なんて思ってた。

科目の大半が何を学ぶのか、あまりイメージできていなかった。

でも取ったら何か変わるかもしれないと思った。



想いとか気持ちって、そのときはずっと変わらないものだと思っても

やっぱり時が経つと少しずつ変わっていくものだと思います。

でも、その時考えていたことや思っていたことは忘れないようにしたい、と

机にポツンと置かれてた無印のメモ帳を1枚ちぎって

無造作に転がってた会社の先輩の結婚式のとき慌てて買った筆ペンを手に取り

我ながらヘナヘナの汚い字でそのときの目標を書きました。



その日から、メモは僕の玄関のコルクボードに貼られています。

玄関にあるにもかかわらず、意外と目に入らない地味なメモですが、

ふとしたときにこれを見てまたやる気を出してみたりしています。



別に余裕なんかなくてもいいから、

ファイト一発みたいに片手でガシッと崖に掴む程度でもいいから

合格できるといいなーって思います。

共に勉強してきたみんなも、ここを覗いてくれているみんなも。



1次試験。

ちょっと怖いけど、ちょっと楽しみ。

ここまできたら自分の力を信じて、最後まで決して諦めず、

真夏のアツイ2日間、精一杯やりきりましょー!

   むかしのめも


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
       ↑ 最後のやる気アップは診断士ブログ村でいかがでしょうか?

2009.08.05 Wed
どーも!isamuです。

今日1日も終りを告げて、診断士1次試験まで残すは3日となりました!

みなさま、調子はいかがでしょうか?



実は僕、今週1週間夏休みを取得しています

いままで思うように進まない日々だったので、まだまだやることはてんこ盛り。

昨日も今日も、TAC名古屋の自習室で公認会計士の卵たちに紛れてひっそりお勉強。

休みをいっぱいいっぱい使って最後の追い込みに勤しんでおります。



財務会計はちょっとずつこなれてきた。

直前期重点科目は運営・法務・中小の暗記科目。

繰り返し、ガシガシと。

皿回しだ!3回転だ!と言いますが、自分なりのペースで。

理解してるとこ、していないとこは自分でもわかっているつもり。



さてさて、もう蝉も鳴く8月となり、診断士の勉強を始めてもう少しで1年になります。

早いっ!!

そして今週末、ついに第1の関門とご対面。

他のブログ書いているの方々と比べ勉強時間は少ないような気がしていますが、

それでもかなりの時間を費やしてきました。

これだけやったから大丈夫。

穴だらけでもなんのその。

Take it easy という気持ちで試験に臨みたいと思います。



それにしても合格したらどんな未来が待っているんだろうか?

何か変わるのか?はたまた何も変わらないのか??

来年の今頃は、再来年の今頃は、どこでどうしているんだろうか。



こんなに勉強しているけど、ビジョンが見えそうでちょっと見えない。

むしろそれぐらいがいいのかも、なんて思っていたりもして。

いま悠長にそんなことを考える時期ではないのだけれども

1次試験を目の前にしてふと思ってしまいました。



まぁ何はともあれ1次試験を突破するのが第一!

体調にはくれぐれも気をつけて、残りの日々を大切に過ごしましょう


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
       ↑ 見上げれば晴れ渡る夏の空。
         そんな日は、診断士ブログ村へどうぞ。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。