未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.06 Mon
今日の記事はシンプルに。

■足りないもの
 ○単語・用語・意味などの暗記不足(マークシートだと思ってなめちゃいかん)
    → 特に運営管理・経営法務・中小経営政策
 ○問題経験不足
    → 特に企業経営理論、財務会計


■やること
 ○暗記!(特に重要な用語は記述式でも対応できるレベルまで、確実に覚える。)
    → 必要な単語をピックアップし、「暗記」する
        → 運営管理はまとめレジュメの用語の意味穴あき問題を活用
          経営法務は会社法・知財を表にして、その他の年数などの数字もしっかり暗記
          中小経営政策は答練とテキストいったりきたり暗記

 ○問題いっぱい解きまくり ~財務会計・企業経営理論の巻~
    (1)選択肢の適切/不適切のポイントを知る
    (2)問題見たら解法がすぐ浮かぶようにする
    (3)自信を持って取り組めるようにする
     → 過去問 → 模試 → 直前答練 → 基礎答練 → 過去問 → ・・・
 
 ○問題いっぱい解きまくり ~その他の科目の巻~
    (1)選択肢の適切/不適切のポイントを知る
    (2)暗記した知識の定着
     → 過去問 → 模試 → 直前答練 → 基礎答練 → 過去問 → ・・・



もう時間がないのは誰もがわかっている、この状況。

限られた時間の中で押さえるべきポイントに集中してがっちり学習していきたいと思います。

やることはざっくり書くと上記のような感じにしたいと考えています。



暗記は正直マークシートだと思ってサボっている面がイナメマセン。。。

確かに覚えきる余裕もありませんでしたが、ツケが回ってきたのも事実。

大事なところは定義を確実に暗記するよう、これから意識していきます。



ここからが勝負!というのも聞き飽きていると思いますが、

今日の講義で講師の方が↓のようなグラフを書いていました。


kiseki.jpg


かなり脚色していますが、おおよそ言いたいことはこんな感じだったはず。

僕含め、初学者のかたはスーパーマンでもない限り、

7科目という大波に圧倒されてその場その場で対応してきていると思います。

そして模試も終わり、なんとなく全科目が頭に詰め込まれたところ。



論点を整理して、問題対応力をつけることに専念できるここからの伸びはすごいはず!

僕自身上のグラフのようなことを経験しています。

それは大学受験のときでしたが、私立はだいたい2月始めに、国立は2月末に試験があります。

私立は3つくらい受けましたが全然ダメ。実力適正大学と思われたところもダメ。

試験が終わった瞬間ダメだったなーなんてわかっちゃうくらいの出来でした。



そして私立全滅で迎えた国立受験。

なぜかスラスラ解けて、手ごたえも十分。

ここまで書いて結果は不合格!なんてことはなく、もちろん合格でした。



私立受験のときってまだまだ理解が足りていませんでした。

それが試験を受けたり学習したりして、国立受験までにかなりレベルアップしたんだと思います。

(もちろん国立の問題が自分に合っていたというのも大いにありますが・・・)



とにかく!急にグイッと伸びることってホントあります。

(みなさんも同じような経験ありませんか?)

楽観視しちゃいけませんが、決して諦めてもいけませんよね。

某バスケ部の先生のおっしゃるとおりで。



グイッと伸ばすにはもちろん努力も必要

努力は時間と比例するもの。

僕もブログはこの辺までにして、とりあえず試験勉強に勤しむことにしまーす


   にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
       ↑ 見上げれば梅雨の曇り空。
         そんな日は、診断士ブログ村へどうぞ。
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。