未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.28 Fri
今日も仕事をしていると上司から一言

「油断するなよー。残業時間危ないぞ。」

36申請の残業時間を越えそうだったので、軽く忠告されてしまいました。

(忙しい忙しいっていいながら残業は標準でMAX50時間ですけどね)



じゃあこれも何かの縁だと思いささーっと会社を出て

この機会に念願のTAC自習室へGO!

毎日会社にテキスト持っていってたのに、ずーっと行けてませんでした。



TACについたらまず先週の講義で習ったキャッシュフロー計算書の復習!

直接法だと営業収入は

+営業収入=+売上高ー売上債権↑+前受金↑ー当期貸倒額

・・・・・・?

えーと、

 ◆営業活動でいくらお金が増えたかを数えたい。
               ↓
 ◆売上高は増えたお金になるのでプラス
               ↓
 ◆売上債権はまだもらってない分なのでマイナス
               ↓
 ◆前受金は先にもらっちゃったお金なのでプラス
               ↓
 ◆当期貸倒額は現金が減っちゃうのでマイナス・・・?

ってこと?なんだか当期貸倒額が理解した気になれないなぁ。



じゃあ次は商品の仕入れによる支出ね。

ー商品の仕入れによる支出=ー売上原価ー棚卸資産↑+仕入債務↑ー前払金↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・???

売上原価はいいとして

 ◆棚卸資産は売上原価に参入されていないものの、実際買ってるからマイナス。
               ↓
 ◆仕入債務は仕入れたけどまだお金払ってないので、売り上げ原価にプラス
                 ※tuyukusaさんご指摘ありがとうございます!マイナスです!
               ↓
 ◆前払金は逆にもうお金を支払ってしまっているのでマイナス。

・・・・・・ってことですか?これもなんとなくピンとこない。



と、ここまでやってキャッシュフロー計算書諦めました!

これを理解する為の基礎が足りない!!

しかもわからないこと考えてるせいか眠い。。。

ということで計算問題集を1から始めました。



問題解けば解くほど理解が進むというのはその通りで、

P/LとかB/Sとか、問題解く度にまだ発見がありました。



19:30くらいから勉強を始めて21:30ちょい前くらいまで

ひっさびさに平日勉強したなーって感じでした。

ここでTAC自習室といつも私が勉強するスタバとの独断と偏見により比較。

TAC自習室
いいところ
 ・静か
 ・周りが受験生なのでモチベーションが上がる

わるいところ
 ・21:30までしか使えない
  (ペース掴んでテンションあがってきたー!くらいで時間切れ)
 ・なんだか静かすぎるかも
 ・名古屋駅がちょっと遠い

スタバ
いいところ
 ・コーヒー飲みながら勉強できる
 ・家の近く
 ・ほどよい雑音
 ・23時までやっている

わるいところ
 ・お金がかかる
 ・たまーに騒がしい人が隣にくる


と考えると、私にとってはややスタバ優位かも。

あれくらい騒がしいほうが集中できるんですよね。

しかも遅くまで勉強できますし。

TACでは静かすぎて眠くなってしまって、

これはやばい!と思いiPodでジャズ聞きながら勉強しました

そしたらかなり集中力UPで勉強できたのですが、そこで早くも時間切れ



ってことで平日は夜遅くまで勉強できるスタバ

土日は集中してゆっくり勉強できるTACという使い分けがよさそうかなーって思ってます




ちなみに今日聞いてたジャズのCDは"BEST JAZZ Piano Standards"というオムニバスです。

ジャズは好きなんですけど、アーティストとか曲名とかはあまり知りません。

ピアノとジャズベースの絡みが好き。ウォーキングベースたまらないですね。

でーでーでーでーでーでーでーでー、みたいな。

コレ絶対伝わらないな(笑)

とりあえずこの秋の夜長にジャズ聴きたいって方にはとってもマストバイな1枚です。


ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ

ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ


スポンサーサイト
2008.11.27 Thu
先週土曜日は組合の連絡会に行ってきました。

西日本エリアの集まりなので、名古屋から新幹線ではるばる大阪まで

内容は組合なのでボーナスやら何やらの話でした。

私は末端組合員なんで話に参加するでもなく、なるほどねーと思いながら話を聞いておりました。



で、そんな話し合いはそこそこに、

組合の集会では外部から人を呼んでちょっとした研修をやったりすることがあります。

今回も外部から講師を招いて2時間ほどの研修がありました。

研修内容は「SATリスニングスキル」というものでした。

端的に言うとカウンセリングする際のヒヤリングスキルですね。

誰かが相談してきたとき、いかに話を聞くか。ということでした。



カウンセリングといえば話を聞く事が大事なんて当然ですよね。

話を聞くくらい簡単じゃん!って思うかもしれませんが、

今回の研修でいかに自分が話を聞けていないかがわかりました



例えば友人から

「もう仕事忙しすぎてツラくてさー。毎日仕事してるか寝てるかのどっちかだよ。

しかも上司に叱られてばっか。何の為にがんばってるのやら。もうやめちゃいたいんだよね。」

なんて相談されたとき、あなたならどうしますか?



よくあるケースだと以下のような感じだそうです。

「忙しいのはわかるけど、もっと時間短縮できるところあるんじゃない?たとえば・・・」
ついついアドバイスしたくなるタイプ

「わかるわかる!俺も全く同じ!忙しくてダメ。もうこんな会社やめてやる!って思うよね」
自分と同じだからといって賛同しちゃうタイプ

「俺も1年前はそう思ってたんだよー。そんなとき俺はどうしたかというと・・・」
自分の経験を語りだすタイプ

「そっかー。忙しくてツラいからやめたいのね。」
友人が話した相談を自分なりにまとめるタイプ

「なになに?上司に叱られるの?俺もなんだよ!お前はどんな感じなの?」
自分が興味があるところにだけツッコむタイプ

「それくらいで仕事やめるなんて考えはおかしいって!それくらいみんなだって!だから・・・」
自分と価値観が違うと説教しちゃうタイプ



こんなケースをブロッキングっていうらしいです。

相手の話をブロックしちゃう出来事たち。

これは完全に相手の話を聞いてないですよね。

カウンセリングする際は、このようなブロッキングを意識的になくす必要があるそうです。

ちなみに一般的に1人につき20~30のブロッキングを持っているらしいですよ。

私はわりとアドバイスしたくなるタイプです(笑)



じゃあ相談相手がひたすら話しているのを黙って聞いてりゃいいかというと

もちろんそうではありません。

ポイントは相手に「共感」する、ということでした。

「わかるわかる。俺もやめたいんだよ。」っていうのは「同感」なので違います。

相手の話に対して自分の意見を伝えているので、聞く姿勢になりきれていません。



「共感」とは例えば次のようなことを言ってあげることだそうです。

「仕事忙しくて、毎日会社いるか寝ているかのどちらかだというくらい働いていてつらいんだね。

それなのに上司に叱られて、何の為に頑張っているか解らなくなって

会社やめたいって思うんだね」



このように相手が言った事をありのままに受け止めること

ここには自分の気持ちや考えが入らず、相手の気持ちを理解しようとしています。

これが「相手の話を聞く」ということなのだそうです。



そして話を受け止めた上で、「他に言いたい事はない?」と促します。

共感される事で相談者は安心し、本音を打ち明け始めます。

「実は忙しいなりに仕事は楽しいんだけど、上司とどうしてもソリがあわなくて・・・」



まぁ研修なんでこんなストーリーでしたが、

話を聞くフリしていかに自分が話を聞けていなかったを実感した研修でした。



ちなみに相手が言った事を鏡のように繰り返す事をミラーリングと言いますが、

コレを実践でやるのは意外と難しいですよ!

絶対話をはしょっちゃいます。

「あー、仕事忙しくてツラいんだね」なんて言っちゃいます。

これじゃ相談者失格。話わかってくれてないんだなーって思われちゃいます。



もちろん今回の研修のカウンセリングの時の話なので、通常会話とは別ですよ。

「うんうん。相棒の水谷豊がかっこいいんだね。」

なんて共感してもしょーがないです。



でも普段めちゃくちゃブロッキングしてるなーって人は

ちょっと気にしてみても良いと思います

コミュニケーションって社会に出てからますます難しさを感じますが、

若いうちからこういう所も土台を築いていって、少しずつでも成長していきたいもんです

2008.11.24 Mon
1週間ぶりの更新!

ホントは2、3日に1度くらいは更新したいんですが

最近は平日帰りが遅く、帰ったらパタリと寝てしまう日々

ブログ更新どころではありませんでした。。。

不況といいつつ、なんでこんなに忙しいんでしょうか?



さてさて、本日はTAC財務会計の答練でした!

範囲としては簿記までですね。

早速ですが結果をお伝えします。

点数はズバリ!

45点!



あちゃー。

やっちまったなぁー!!!

・・・・・・ギリギリ足切り逃れたみたいな?

ホントお伝えするのも恥ずかしい点数ですがしょーがない。

これが現実。今のわたくしの実力です。



原因なんて深く考えるまでもなく、単なる勉強不足ってだけです

もうちょい掘り下げるなら平日に勉強する時間が確保できなかったこと。

仕事帰ってから勉強できない、睡眠時間も削れない、ってことじゃダメダーメ。

自分より忙しい人だっていっぱいいるので、単なる甘えですね

そんなんでいつ勉強するのさ?

結局答練までにできたことはTACのテキストの例題を1回ノートに書いてみただけでした。



それでもテストはみんな同じ条件で受けるわけで、

勉強時間少なかろうが、過去に簿記の勉強やっていようが関係なし!

本番だって同じ。

勉強量だって実力。



そんなわけで細かな分析などはせず、

今日は講義終わった後に早速答練の振り返りをしました!

1問1問テキスト見ては解説見て、全部解き直しました。

やっとわかってきた気がします

というよりこんな状態で答練受けていたことに驚きました(笑)

営業利益ですら算出できなくて、どんな問題が解けると思っていたんだか。。。



以下、間違った部分をポイントでひたすらまとめ!!!

※これから答練受ける方は閲覧注意してください!


---------------------------------------------------------------------------
棚卸帳とは決算整理で必要になる事項をまとめた一覧表。
  (当期減価償却額、未形状の収益・費用の額など)
  というわけでもちろん決算整理手続きの前に作成される

◆減価償却の問題が出たら、さりげなく期中取引になってないか問題文をちゃんと読むこと

無形固定資産は減価償却累計額を控除した未償却残高を記載する
  つまり、減価償却累計額を注記する必要はない

◆引当金はかなりの確立で発生するものじゃないと計上しちゃダメ!
 
退職給付引当金は固定負債
  (1年を越えて使用される見込みだからね)

◆繰延資産は次の5つ(将来にわたって意味のあるもの)
  ・株式交付費
  ・社債発行費等
  ・創立費
  ・開業費
  ・開発費
      ※「創業費」なんてものはありません

◆恒常在庫や余剰品は長期間保有しようが固定資産にはせず流動資産として扱う。
  (ワンイヤールールがあるけどそれには該当しません!)

◆営業利益=売上総利益 ー 販管費
  (売り上げから得た利益から売り上げにかかった費用をマイナスする)

◆精算表を書く場合(だけじゃありませんが)、損益計算書の欄は
 借方:費用・利益  貸方:収益 

---------------------------------------------------------------------------

もはや自分用のメモみたいになってしまった(笑)

やっぱりみなさまはこんなコト、余裕で知っているもんですか?



TAC生の方にはそんなとこ間違ったのかよーってバカにされても仕方なし。

TAC生じゃない方はそんな問題出たんだって思ってください。

今回の答練、難易度としてはやや簡単かなーくらいだそうです。



ちなみに問題として狙われるのは簡単なところではなく、

ちょっと理解しづらいところや勘違いしやすいところが出題されるようですね。

たまたま正解していましたが、返品・値引・割引の違いなんてのが狙われます



また、答練受けてよかったことといえば、

答練のおかげで自分の理解レベルが再確認できたということです。

コレ、ひじょーに大事だと思います。

そうじゃないとよく理解しないまま先に進んでしまう可能性が高いので。

この段階で簿記の復習ができたのは、今後の理解にすごく役立つだろうと考えています



こんな残念な点数でしたが、私としては財務会計にニガテ意識はないです

むしろ問題解いてる分には楽しいくらいでした。

幸いにももう一度答練があるので、

次回は絶対にリベンジします!

最低でも60点は欲しい。

でも狙いは70点オーバー

まずは目指せ、合格点!!

2008.11.16 Sun
来週月曜は朝から品川出張なので、

それを利用して今週末は実家の千葉に帰ってきています

千葉にいてもTACの授業は進んでいくので、

振替講義を利用して財務会計の授業をTAC八重洲校で受けてきました!



名古屋以外で講義を受けたのは初めてですが、

今日の講師の方は個人的にはすごくよかったです!

割と若い雰囲気の方でちょっと早口ではあるけど

理解することを重視して丁寧に説明して下さる方でした。

しかも理論的に話す方できっと優秀なんだろうなーと感じました。



前回は財務会計を学ぶのが初めてということもあり

頭がぼーっとしながら授業が進んでいったなぁという印象だったのですが、

今日は頭フル回転で理解に努め授業にくらいついていった感じです。



今日の授業で一番感じたことは「財務会計という科目は理解が大事」ということです

何を今さらって感じですよね。

恥ずかしながら今日気づいたんですよ(笑)



財務会計っていくつかのルールがあって、

それに乗っ取ってひたすら計算していくだけのもんだって思ってました。

もちろんB/Sなどの各項目の意味は理解しなくちゃと思っていましたが、

財務諸表を計算するまではただの暗記科目ぐらいの感覚でした。



でも今日の講義を聞いて、これは完全に間違っていることにやっと気づきました

決算整理の売上原価の算定から講義は始まったのですが、

一番始めに説明したことは「なぜ売上原価を決算整理で算定するのか?」でした。

なぜでしょう??

ただ計算できるようになっても完全にわけわかめ(死語)ですよね。

仕訳はなんとなく書けるけど、これって実際何が起こってるのよ?って状態。



講師の方が言っていたことをざっとまとめるとこんな感じでした。

売れていない物は絶対に売上原価にはならない
・期中は仕入時に費用勘定する
 (売れた売れないに関わらずフライングで勘定している
・そして期末に売れ残った分の修正を行う
決算整理の目的は期間利益を明らかにすること
・売上原価を正しく算出することにより、期間利益を明らかにする



こんな話を聞いて、やっと期中取引や決算整理の各項目にはちゃんと意味があること、

そしてそれを理解しなければいけないことに気づかされました



前回の記事でDぴょんさん、tuyukusaさん、やまさんに小切手の振出について

コメントで説明して頂きましたがそれも一緒でしたね。

やはり理解が大事。

小切手の受取と振出では勘定科目が違うのはただのルールではなく、

ちゃんとした理由があってのことだということ。



講義では他のことについても理解を重視した説明をしてくれていたし、

テストや勉強のコツについてもちょくちょくアドバイスをくれて

できることならまたここで講義受けたいなーと思うほどでした。

あっ、別に名古屋がダメなわけではないんで決して勘違いなさらぬように!

前回は単にわたくし自身の理解力不足で頭に入らなかっただけなので



ちなみに「仕入は費用」「減価償却費も費用」というように

各勘定科目が簿記5要素のどれになるかということを意識し始めたのも今日でした(笑)

前回の授業でホント何を聞いていたんでしょうね。。。



というわけで、たまには他校で講義を受けるのも悪くないなーと思った一日でした。

それにしても来週は早くも答練だなんて信じられません

まずは自分の知識を再整理するところから始めまーす。

2008.11.10 Mon
TACの授業も本日からついに財務・会計がスタート!

診断士試験で多くの人が難関ととらえる科目。

平均点も他の科目より低め。

平成20年の平均点は52.8点だそうです。

初学者のわたくしにとってこの科目がキモになるだろうと思ってます。



で、はじめて財務会計を勉強した感想はどうだったのさ?といきたいとこですが、

残念ながらまだ全体的によくわからない!ノー感想!

ちなみに今日は貸借対照表と損益計算書とは何か?っていうことと、

簿記の5要素と各期中取引の仕訳についてひたすらと学びました。



これってきっとまだ土台固めですよね?

土台作っているだけで、この土台をどう使うのかが見えない状況です。

それぞれの項目がどのようにP/L、B/Sに結びついているやら!

「現金」って数えたらどうなるのか?「当座預金」って数えるのと何が違うのか?

まぁとりあえずはルールなのでひたすら身につけるまでですが、

どうにも理解にはほど遠い。。。

まぁ今日始まったばかりなのでじんわりと身につけていきます



授業後はスタバでクリスマスメニューのジンジャーブレッド ラテ飲みながら復習しました

実は授業中眠くて眠くてどーにも頭に入らなかったもので。。。

おかげで今日学んだ分の仕訳はなんとなくできそうな雰囲気になったんですが、

ちょっとわからなかったとこがあります。



TACテキストのP31の引用ですが、

「B社はA社から商品の注文を受け、内金として200円をA社振出小切手で受け取った。」

という問題の仕訳です。

私は「(借方)当座預金 200 (貸方)前受金 200」だと思ってしまったのですが、

答えは「(借方)現金 200 (貸方)前受金 200」でした。

つまり振出小切手の借入が現金なのか当座預金なのかってことですが、

小切手=当座預金ではないってことですか??

このへんはルールなんだと思いますが、なかなか難しいですよね。



財務会計では会社の財務諸表を見て、

会社の経営状況とかわかるようになるのが第一目標です!


ちょっと気を抜くと置いてかれそうなので気を抜かずにがんばります



ちなみにジンジャーブレッドラテ、ジンジャーとシナモン(?)の香りが強くて割と独特な味でした。

個人的には大好きなカフェモカを越えることができなかったようです。

次は同じくクリスマスメニューのダーク チェリー モカに期待!!

2008.11.08 Sat
答練の復習して、勉強足りなかった組織論・マーケティングを確認して、答練の自宅問題を解く!

っていうのを日曜までにやろうと思っていました。

それは連休明けの火曜日のことでした。



火曜から金曜まで、通勤時間とお昼休み合わせて1日30~40分程度、

TACでもらった○×だらけの問題集を解くくらいの勉強しかできていません

日曜までにできるか??

日曜日には財務会計の講義が始まってしまうので、企業経営理論は一段落させてしまいたい。



でも勉強しようとすると他のことをしたくなる衝動にかられることってありませんか?


いま部屋がめっちゃキタナイんで、勉強しようとするときっと掃除を始めます。

掃除が終わったらすぐに勉強すればいいのに

きっとギターなんか取り出しちゃって、昔コピーしてたくるりの曲なんか弾きだします。

ギター弾き終わったら、ひさびさにWii Fitなんか取り出してヨガでもしちゃいますかね。



さすがにWii Fitまではやらないと思いますが、これに近いことはよくあります。

意思が弱いんですよねー。っていうか誘惑に弱い

決して勉強がつまらないわけじゃないんですが、どういうことなんでしょうね?



何でも「習慣化」が大事だと、最近赴任してきた私の上司が言っていました

例えばお仕事で週報を書いている方もいると思いますが、

全然週報を更新しない人っていませんか?

「週報更新しているヒマなんてないんだってば!」っていうのが口実のときもあると思います。

確かにその人は忙しいのかもしれません。

でもこれは結局、「週報を更新する時間がないわけではない!」ってことだそうです。

のんびり昼飯食べていながら「週報書く時間ありませーん」とかシバくぞ!って話です。



じゃあなんでできないのかっていうと週報を書くことが「習慣化」されていないから。

週報なんて30分もかからないで書けるんだから、

書くことを「習慣」にすれば作業としてはなんてことないはずですよね。



日々やるべきことは「習慣」にしてしまわなければいけません。

とにかく習慣にするために、始めは意識的に行動することことが大事かと思います



てなわけで「勉強を始めようとすると、つい他のことをやりたくなる習慣」なくし、

まずは確実に勉強を始める習慣を身につけたいものです。



習慣というのは「良い習慣」と「悪い習慣」しかない
、と最近メルマガで読みました。

勉強するのが「良い習慣」だとしたら、

他には勉強しないという「悪い習慣」になってしまうとのことです。

「普通の習慣」なんてものはないんですって。



勉強をたくさんするという「良い習慣」をしている人は、どんどん学力が上がります。

勉強以外のことをしたくなる「悪い習慣」をしている人は、学力がのびません。

この両者の差は日を重ねるごとに大きくなって、気がついたら取り返しのつかない物になります。



って考えるとそれはまずい!差が広がる一方になってしまう。

悪い習慣を良い習慣に変えるなら今のうち!

なーんてことを自分に言い聞かせつつ、明日は企業経営理論まとめがんばります

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記
日常    Comment(6)  TrackBack(0)   Top↑
2008.11.07 Fri
ちょっとひっさびさの更新です。

先週末は軽井沢に出かけていていました

私、高校は陸上部だったのですが、その高校の仲間が今でも仲良しで

同学年男女16人ほどで旅行に言ってきました

25歳になっても高校のみんなと仲がいいなんてありがたいことだ

宿泊場所は大人数ということもありロッジ貸し切りました

暖炉とかあってキレイだし騒ぎ放題なので、大人数で旅行する方はオススメですΣ



今週は仕事が忙しくなり、ブログを更新する時間はともかくとして

勉強する時間すら確保できない状態です

11時くらいに帰ってきてご飯食べてから勉強ってなると、どーにもツライですね。。。



そんなこんなで答練の振り返りすらちゃんとできていないんですが、

とりあえず結果報告だけでもしておきます。

自己採点の結果、点数は70点でした!

80点は欲しかったのですが、あの勉強量じゃねーって感じなので仕方ない。

本番の出来というより力不足ですね。

でも80点は欲しかった!不本意!!



さて、点数の内訳ですが次の通りでした。

◆経営戦略     10/11  →正答率:91%
◆組織論       8/13  →正答率:62%
◆マーケティング  5/9   →正答率:56%
◆合計        23/33 →正答率:70%

うーん・・・経営戦略だけがんばったなってことがよくわかる。

組織論・マーケティングに関しては全体は確認できたものの

細かい部分の暗記や理解ができていなかったので、納得のいく結果です。



もうちょい細かく!

2択にもならずに「これだ!」とわかった問題の割合は次の通りです。

◆経営戦略      9/11  →わかった率:82%
◆組織論       7/13  →わかった率:54%
◆マーケティング  3/9   →わかった率:33%
◆合計        19/33  →わかった率:58%

つまり、58%は自信を持って解答を1つに絞り込んだ実力値に相当するかなーと思います。

ベースの得点みたいなものですね。

そこに選択肢を2択以上残して正解した点数が上乗せされます。

ちなみに組織論で問題の読み間違えが1問、マークミスが1問あったので、

仮にそれも合わせると全体で64%がベースになると考えることもできるかな。

(もちろんマークミスだろうがなんだろうが間違えではありますが。。。)



そうすると一番理解が足りないのってマーケティングになるんですよね。

単語はもちろんのこと、全体的に定着できてない感はあります。

また、組織論の間違えの原因は単語の意味を覚えきれていなかったことがほとんどです。



となるとやはり組織・マーケティングの単語をしっかりと頭に入れた後、

マーケティングの各項目については特に理解を深めた方が良さそうです。

また、人的資源管理の法律の部分についても

ある程度細かいところまでは暗記することが必要だと考えています。



とりあえず得点した結果から簡単に振り返ってみました

問題についてはまた後日振り返りができればと。。。
2008.11.01 Sat
本日の日経平均の終値は8576円

もう言うまでもなく、最近の株価はすさまじいものがありますよねー。



前に「お金は銀行に預けるな」という勝間和代さんの著書を読んでから、

ちょっと資産運用という物に興味がわいてきました。

お金を銀行に預けているだけでは損をしてしまう。

そのお金の一部を資産運用すればトータルでお金が増える可能性が高いから

リスクテイクしましょうっていう趣旨だったと思います。

(だいぶ昔に読んだので、もし間違えていたらご指摘お願いします!)



その本によると結果的には、初心者には投資信託がお勧めで、

まずはインデックスファンドの国内/海外の株式/債権の4種類

25%ずつ分散すればよいとのことでした。



ところで私の会社は確定拠出年金(いわゆる401K)を採用しています。

ということは自分で年金を資産運用しているということになります。



入社当初は資産運用なんて金持ちのおじさんがやるというイメージだったので、

全然予備知識はありませんでした。

なんとなくチャレンジ精神出してみたかった当時の自分は

国内株式;6割 海外株式:3割 国内債券:1割

というわけわからん比率で運用開始したようです。



それでも始めは利益が出ていました。

ただ、サブプライムローンという言葉が飛び交ってる頃には

プラスだったものがあっという間に元本割れしました



その頃勝間さんの本を読んだ私は

すぐさま投資比率を例のごとく均等分散に変更しました。

それはそれでよかったと思いますが、

リーマンショックを過ぎた今日、

「俺ちょっと元本割れしちゃってさー(笑)」では済まされないマイナスっぷりです。

カッコワライじゃねーよ!って状況です。



そこで結局資産運用に関してたいして知識がないことに危機感を覚え、

amazonでベストセラーだったこの本を読みました

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践



この本では勝間さんの方法とは別の方法が書かれています。

もう世界と日本は繋がっているから、世界と日本の株式だけではリスク分散にはならない。

将来日本の円の価値が急速に下がることを考えてドル、ユーロなどの外貨貯金もするべきだ。

一部を要約するとこんな感じでした。



はじめは表紙もそれっぽいし玄人向けかな?なんて思っていましたが、

初心者にもわかりやすくデータも豊富で説得力のある本でした。



さっき「将来日本の円の価値が急速に下がる」と書きましたが、

本の中ではちゃんと予測の根拠が説明されています。

それは少子化による労働者人口の低下とそれに伴うGDPの低下

東京、東海などを巨大地震が襲った場合の経済への打撃が主な理由でした。



もしこの予測が実現したらドルやユーロを持っているだけで

プチお金持ちになれる可能性があります。

実際外貨預金するかどうかは別にして、

いずれにしても知っていないと損をする可能性が高い知識だと思います。



何はともあれ、本などでこういう情報も集めていかないとダメですね。

経営、経済、財務、キャリア、交渉力、マナー、心理学、法律、それに投資。

勉強しなきゃいけないことが多すぎる!

でも私は「広く浅く」が割と好きなので、いろんなことにちょっとずつ手を出したいです。

なんてこと言って診断士の勉強も「浅く」ならないように気をつけます



そういえば私の401Kですが、結局この本を読んだ後も手を出していません。

っていうか手が出せません。

ヘビに睨まれたカエルというか、もう身動きが取れません。

このまま株価が上昇することを祈ります。。。

景気がよくなりますよーに



この記事が参考になった、またこんな記事読んでみたいと思った方は、もしよろしければ拍手を下さい!
貴重なあなたからのフィードバック、今後の参考にさせて頂きます。
テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
日常    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。