未分類自己紹介中小企業診断士について企業経営理論財務・会計勉強法読書日常想い運営管理
26歳、入社4年目のマイペースSEが中小企業診断士の資格を取るための悪戦苦闘日記。 2009年試験合格のために、日々のガンバリを記録しています。 学習方法や時間、内容と読書とちょっとだけ趣味も。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.29 Mon
本日は2週間ぶりのTACでした

日曜クラスは一度に2回分やることがあるので、授業は9:30~15:30まであり長丁場です。

ずっと診断士の勉強を続けている方に取ってはそれくらい当たり前だよ!って感じだと思いますが、

これだけ長いとなかなか集中力が続かないですね

うーむ。。。長時間の授業も早めに慣れないと



ちなみに今まではずっと余裕があったので、

事前にテキストを通読する程度の予習をして授業を受けています。

そして全体のイメージとわからなさそうな単語をチェックしておき、

授業ではその単語に関しては特に理解に努めます。



それが功を奏したのか、今回の授業はなんとかついていくことができました

(でも組織構造の話ってちょっとムズカシイですね。マトリックスの組織って馴染みがなくて

でも次の授業までに予習&復習をするのはだんだん難しくなっていくかと思います。

ペースはできる限り保ちつつ、「予習は時間の割に効果なさそうだなぁ」という結論に至ったときは

復習に力を入れるようにするなど、柔軟に学習計画を立てて行きたいです。



・・・とここまで書いて思ったのですが、

もしかしてこれってローリングプランってやつですか?

所詮計画も満足化基準なので、分析麻痺症候群に陥らないようにしなければダメですね!

って学んだばかりの知識でスイマセン。使い方合ってますか?

やっぱり学んだ知識をすぐに使うと覚えやすいので好んでやります

ちなみにこの記事のタイトルに「学んだことはすぐ使いたい第1回」と書かせていただきましたが、
第2回があるかどうかはまったく未定です(笑)でも学んだことはすぐ使うよう心掛けます!)




ちなみに私は今日で企業経営理論がちょうど半分終わったところです。

TACのテキスト的には経営戦略が終わり、組織論の中頃です。

まだまだこれから!

今年既に受験された方や、もはや2科目目に突入している方には遅れをとっていますが、

授業で学んだことを取りこぼすことなく、なんとかボルト並みの猛ダッシュで追いつきたいです



私はまだ診断士全体の中で自分のレベルがどれくらいか全然掴めてないので

早く模試やりたいなーなんて思っています。

もちろん私はまだまだ下位ですが、下位だってわかればさらにやる気でる性格なので

模試の結果は随時ブログに記録することにします

悪い結果が出たときもブログに書くのやめないように自分にコミットメントしてみました

コミットメントすると一貫性が働くので、やらなきゃいけない気になるそうです。
(当たり前ですけどね。これも最近本で読んで学んだので使っちゃいました




この記事で書いた単語の意味をプチメモメモ。。。

ローリングプラン
  中・長期計画の内容を定期的に見直し、部分的に修正すること。
  めまぐるしい環境変化に企業は適応する必要があるため。

満足化基準
  「十分満足できる」という水準。
  意思決定の際に起こりうる全ての状況を完全に予測するのは不可能経営人モデル)なので、
  意思決定は満足化基準で行われる。

  意思決定者が「自分の中ではベスト!」と考えていても
  起こりうる全ての状況を完全に予測できるわけではないので、
  実際はよりベターなものを選んでいるということになる。

分析麻痺症候群
  ・経営スタッフが現場と離れた計画を行ったとき、
   経営スタッフと現場で相互不信が生まれ、計画が実行に移されない現象。
  ・または、緻密な分析により、定量化しやすいことが好まれ
   リスクの高い実験的な試みを回避してしまうこと
  ・つまり分析に重きを置きすぎたがために、
   現場の意思が反映されない、環境適応が遅くなる、チャレンジャブルな試みができなくなる
   という、いかにもよくない状態
スポンサーサイト
2008.09.27 Sat
私は本とか家電とか買う前に、ついつい口コミとか調べちゃうタイプです。

本屋で気になるタイトルの本があったらケータイからamazonで検索して

その本の書評を読んでから買うか買わないか決めます。
(あくまでその本をどう感じるかは自分次第なので、この方法はよくも悪くもありますが

つまり自分に知識、経験がないことについては特に「先人から学ぶ」ことを心掛けています。

というわけで、中小企業診断士試験も合格経験者のやってきたことを参考にしよう!と考えました。



とは言ったものの、私の身近には合格経験者なんて(それどころか受験経験者すら)いません。

マイナーな資格だから?SEという仕事柄?ちょっと寂しいものですが

でも私は基本的に近道をしようとする性格なので、

少しでも今までの診断士合格者がどのように勉強しているか知ろうと思い、

他の方のブログとか見ながら勉強させてもらいました。
(もちろん今でもブログは継続的に見てます!勉強が進むにつれ新しいハッケンがあります



でも肝心なものをすっかり見逃していました。。。

そう、「合格体験記」ってやつです。

今までは「ふーん、こんな人が受かってるんだ。」って思いながらパラパラと見るだけでした。

でも合格体験記には既に中小企業診断士に合格している方の独自の視点で

勉強方法、試験のコツといった合格の秘訣が惜しみなく書かれているわけです。

そんな重要な情報が詰まったものを今まで見ていなかったなんてもったいなかった!!!



「合格体験記には、後進のための豊富な情報と「合格へのカギ」が詰まっています」

ということが先日の「勉強法なんて知らなかった自分」の記事で紹介した

最短で結果が出る超勉強法という本に書かれていてそのことにハッと気づきました



幸いTACでもらった合格体験記「中小企業診断士試験合格の秘訣 2008年度版」があったので、

これを参考にすると、勉強時間や場所については以下のような傾向がありました。
(コレはTACの説明会とかでもらえると思うので、わざわざ買うほどでもないかなーと思います

■勉強時間
 ・1次、2次合計で、だいたい800~900時間が多いです
  とはいえ1600~1800時間もやっている人もちらほら見受けられます
  スゴイ。。。

■勉強場所
 ・TAC自習室という意見が多かったです(さすがTACの参考書ってこと?)
  やはり他の受講生を見るとモチベーションアップに繋がるとのこと。
  あと通勤時間などの合間を縫って勉強するという意見もありました


合格体験記には他にも「各科目ごとの対策」や、

「時期ごとにどういう勉強をすべき」かということも合格者独自の視点で書かれています。

あとは例えば1次試験対策は
 ・全科目満遍なくやること
 ・苦手科目を作らないこと
 ・2次試験を意識しておくこと
などが挙げられていましたが、例えば授業の前に予習をやるかどうかは人それぞれでした。



ある程度は「これはやるべき!」っていう合格に近づきやすい方法というのはあると思いますが、

細かな部分については人それぞれ性格や環境が当然違うので、

実際に色々な方法を試してみて、早期に自分にあった方法を見つけるのが一番!



なんていう当たり前すぎる結論を導きだすためにやたら長文になってしまいすいません

行き当たりばったりで書くとこうなっちゃいますね。反省。

いかに短い文章で言いたいことを書くことができるかが自分にとっての課題です
テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事
勉強法    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
2008.09.25 Thu
中小企業診断士の資格合格のために必要な勉強時間、ご存知ですか?

とても有名なのでご存知の方も多いと思います。

TACの先生もマンパワーの先生も言っていました。(マンパは説明会だけ聞きに行きました)

なんと「1000時間」です!

1000時間勉強して、やっと取れるかどうかという資格とのことです。



1000時間と言われても数字力の足りない私の頭ではイメージつかないので、

ちょっと具体的に計算してみます。

本日が9/25で、来年の2次試験が10/18としましょう。(まだ発表されていないので仮ですが

すると残りは395日です!1次試験に至っては8月なので既に1年切っています!焦る。。。

さてさて、若干それてしまいましたが、395日=約56週間です。

1000時間÷56週間=約18時間です。



つまり1週間に18時間ほど、コンスタントに勉強しなければなりません!

平日2時間、土日に4時間ずつといったところでしょうか。

もちろん1000時間やれば合格できるとは限らないので、

ちょっと勉強苦手かなーなんて思った人は1000時間といわず、

さらに勉強しなくちゃですよね。(もちろん私もです。。。)



私はSEなので、比較的残業が多い方かと思っています。

だいたい帰りは夜9時~10時が多いです。

そこから勉強時間の確保が今の自分の課題です

みなさんはどうやって勉強時間を確保していますか?

ぜひ勉強できないぐーたらな私に一言頂けるとうれしいです。

やっぱり会社帰りにカフェ通いですかね?

お腹すいちゃいそうです
2008.09.23 Tue
今までの人生の中で、小学校から大学まで、ひたすら勉強の日々でした

そりゃあ「学生」ですから当然ですよね。

ただ、勉強の方法なんていうのは考えたことなく、

ただひたすらなんとなくテキスト見て問題を解いて、ということをやっていました。
(皆さんも同じような方法でしたか?)


今回、大学卒業して以来、初めて本格的に「勉強」します。

昔はただがむしゃらに勉強してきました。

でも今の自分は違います。

私もちょっとはオトナになりました。


「敵を知り 己を知らば 百戦危うからず」

と孫子も言っているようですし。


中小企業診断士ってどんな科目があるのか、どういう順番で勉強したらいいのか、

何を重点にすべきか、コツはあるのか、

これらを考えて、戦略を立てて勉強をする必要があると考えています。

会社でも戦略がないところなんてありえないはず!



そこからさらに一歩引いて、

私の場合は「そもそも勉強自体どのようにやるのが効率的なのか」からスタートしました。

だってわからなかったんですよ。勉強ってどうやるのさ?

そこで非常にためになったのがこの本です。


最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)

最短で結果が出る超勉強法


著者の荘司雅彦さんは、なんと2年間で司法試験に合格してしまったそうです

独自の勉強法を編み出し、それを娘さんで実践(?)し、

その娘さんは難関と言われる「女子御三家」中学校に合格したとのことです。

ただの方法論だけでなく、心理学や脳科学の見地からも意見を述べており、説得力があります。

この本で書かれている内容を自分が特に参考になったポイントだけまとめると

 ◆まずは勉強する科目の「全体像」を把握すること
   わからない部分は気にせず、入門書を何度も読む

 ◆「自分の基本書」を一冊決めること
   その基本書には有益な情報(講義内容、過去問など)を書き込むこと
   自分だけのバイブルになる

 ◆勉強は「3回転」させること
   それにより記憶がしっかり保持され、
   全体を把握することによる学習内容の相互理解ができる

 ◆一度にまとめて一科目の学習を行うより、
   ある程度の段階で他のことを学習した方が記憶が保持されやすい
   暗記は一度には行わず、空き時間を有効活用すること

 ◆「インプット」だけでなく「アウトプット」も行うこと
   アウトプットとは主に「他人に教えること」「問題を解きまくること」


特に最後の「インプット」と「アウトプット」については私にとって衝撃的でした。
(皆様にとっては常識だったかもしれませんが。。。)

今までインプット重視でアウトプットを軽く考えていました。

勉強だけでなく読書なんかでもそうですが、

インプットばかり行って、それをアウトプットしないことが今までどれだけ多かったか。。。

今回の試験ではアウトプットを意識して学習して行きたいと思います。



他にも勉強の計画方法や暗記の方法など、参考になることがたくさん書いてあります。

勉強法の本を読んだことがない方には特におすすめです。

今度はこの内容を中小企業診断士の試験に合うように落とし込まねばなりません。

とはいえ私も勉強始めたばかりでスタイルが固まっていないのですが、

少しでも皆様の参考になるようになればブログに書きたいと思います。
2008.09.20 Sat
このブログのタイトルにある「25歳のSE」、

わざわざこのタイトルをつけたことにもちょっとした意味があります。

それは、「25歳でSEやっている人が中小企業診断士の勉強をしている」ということを

知ってもらうためです。

そのまんまじゃないか!と思われる方もいらっしゃると思います。

その通りです!そのまんまです。

ただ、私個人としてはこれが意外と大事なんじゃないかなぁと考えています。



中小企業診断士の試験って幅広い年齢層の方がチャレンジしていますよね。

私はTACに通っていますが、私と同じくらいの方から40歳前後と思われる人まで

みんなが同じ内容を勉強し、同じ資格を目指しています。

(なんてスゴイことだろうって思います)



25歳だと、大学を出てストレートに卒業して会社に入ればちょうど3年目になります。

どうでしょうか?イメージわいてきますか?

「うちの会社にも3年目いるよ。3年も仕事やってるのにちょっと覚えが悪くてねー。」

「いやいや、うちの会社の3年目はなかなか優秀だよ。

厳しい就職競争を乗り越えてきただけのことはあるね。ー」

私はあなたのイメージしたその方々と同年代ということです。

上記の例だと、私の場合は前者ですが(笑)



いずれにせよそんなあなたの身近な同年代の方々をイメージしつつ、

そんな若手がどうやって勉強しているのか、

なぜ診断士の勉強しているのかということに興味を持ってもらえればうれしいです。



そして特に読んでほしい、(できればコメントを頂きたい!)のが同年代の方々です。

私は25歳で(早くも?)今後のキャリアに多少疑問を頂いていて、

その疑問を解決する方法の1つとして中小企業診断士の資格を取ろうと考えています。

(この辺についてはまた後日書ければと。。。)



20代の方は、これを読んでいてどう思っていますか?

25歳ならキャリアなんてジタバタ考えずに今の仕事に専念しろ!っていうのもあると思います。

25歳で中小企業診断士取るなんてすごい!
っていうのもあると思います。

同年代の方々や、もしくは年上・年下の方々に

「20代の人って何やっているんだろう?」、「一体何を考えているんだろう?」っていうことを

このブログで垣間みせることができれば、

そして可能であればそんな方々と接点を持てれば何よりです
テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事
自己紹介    Comment(10)  TrackBack(0)   Top↑
2008.09.16 Tue
そもそも中小企業診断士って何でしょうかね?

ちょっと調べれば色々なところに書いてありますが、

自分の解釈を交えつつ、ちょっとご紹介してみたいと思います。



中小企業診断士とは、一言で言うと「経営コンサルタント」の資格です。

経営コンサルタントとは企業の経営課題の解決役です。

つまり、中小企業診断士の資格を取得すれば

企業の経営課題を見つけ出し、その課題に対してアドバイスをすることができるようになる!

ってことですかね?



いやいや!経営コンサルティングって当然こんな簡単な話ではないです。

経営をコンサルティングするのだから、お客様は会社社長、役員だったりするわけです。

30手前の若者が50歳くらいの社長さんに対して、いきなり

「私は中小企業診断士です!アドバイスします!

御社の○○事業は将来性がないから即刻撤退すべきです!」

なんて言おうものなら、フフンと鼻で笑われるかボッコボコに殴られるかのどちらかです。


じゃあ、中小企業診断士って何ができるのさ??って話ですが、

何はともあれ経営コンサルティングを行う際には最低限の「知識」が必要です。


さて、コンサルティングをやってみたい!興味がある!と思っているあなた、

マーケティングの知識はありますか?

簿記、会計の知識はありますか?

会社経営に関わる法律の知識はありますか?



何も知らないんじゃダメですよね。

これはまさに自分のことなのですが、

私は理系大学出身なのでこんなこと学んだことありません。
(エラそうに言ってますがちょっと恥ずかしいことです。。。)

私もコンサルタントの卵にもなれていません。


そんな経営に関する最低限の知識を身につけることができるのが

「中小企業診断士」の資格だと、私は考えています。


なんだか「経営コンサルタント」の話ばかりになってしまいましたが、

ビジネスの世界で生きて行く者として、ホントは会計知識や法律知識なんて持っていて当然ですよね。

そんな自己啓発目的で資格取得を目指す人も多いそうです。

長くなってしまったので、試験内容などの具体的な話はまた後日。


けっこう私の主観が入ってしまっているので、参考としてWikipediaさんの説明もご覧ください。

Wikipedia;中小企業診断士のリンク
2008.09.16 Tue
はじめまして!Isamuと言います

1983年生まれの25歳です。

東京ディズニーランドと同い年の25歳です。

ファミコンとも同い年の25歳です。
(小学生の頃、バルーンファイトが好きでした。よく兄と風船のつぶし合いをしていました



千葉に生まれ育ったものの、転勤のため2007年4月より名古屋で暮らしています。

仕事は某メーカーでSEをやっています。

入社して3年経ち、現在の仕事を続けて行くことへの不安と

コンサルティングをやってみたいという想いが強くなり

中小企業診断士資格取得に向け2008年9月から勉強を開始しました。


私自身、怠けやすい性格ですが、そんなことではこの資格は取れない!と思い

ブログにて自分の勉強時間、内容などを記録して公開しよう考えました。

もし、私の勉強している様子をブログで垣間みることによって

同じく中小企業診断士を目指している方々の良きライバルだと認識して頂ければ幸いです。


ぜひこのブログで出会った方々と切磋琢磨して共に合格を目指して行きたいので、

コメント、トラックバックなど声をかけて頂けると非常にうれしく思います。


私のできる限り有益(であると思われる)な情報も提供して

皆様にとって「ちょっと参考にブログなるじゃん的ブログ」を目指して行きますので

気がついたらたまに足を運んでやってくださいませ。


今回、中小企業診断士の資格にチャレンジすることをきっかけにブログをはじめました。

ブログ自体初めてなので、つたない文章で申し訳ありませんが

少しでもおつきあい頂ければ幸いです

どうぞ、よろしくお願いいたします
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。